東京で医学部進学率の高い予備校の見分け方

医学部 予備校 東京

独学での医学部への進学はなかなか難しいようで、多くの受験生は予備校などでのフォローを受けているようです。医療分野という特別な分野は、どの大学でも難易度が高く、合格へ向けて何年か予備校に通い過酷な受験期を乗り越えて行くかなくてはなりません。また、東京の医大は地方の医大に比べて偏差値の高い医大が多く、志望大学への合格へは予備校の選び方も重要になってきます。同じ医療への道を目指す人たちが通う、医学部合格実績の高い予備校に通うことで、受験に関する情報を交換できたりと切磋琢磨することで、過酷な受験戦争に立ち向かうための精神面でもメリットもあるのではないでしょうか。医学部受験までの綿密なスケジュールを立て、志望大学の情報を集め、その大学への合格率の高い予備校をピックアップしていきましょう。

医学部に強い予備校を東京で探すときのポイント

東京には都道府県で最多の13もの医学部があり、医学部を目指している多くの受験生が集まってくることから、大手の進学予備校をはじめ多くの医学部予備校があります。予備校選びでまず考えないといけないのが、自分が集団授業に向いているのか、個別指導に向いているのかということです。集団授業ではレベルの近い仲間がいるので、ライバル心が芽生えて学習意欲の向上が期待できます。半面、マイペースな生徒はついていけない可能性があります。個別自動では自分に合った学習レベル、スピードでの効率的に授業を受けることができます。半面ライバルがいない分、周りが見えなくなり、学習意欲が低下する可能性があります。それぞれの良し悪しを充分に把握し、どちらがより自分に適しているかを判断する必要があります。

医学部予備校を東京で選ぶポイントはサポート面も重要

授業スタイルが決まれば、次は設備面が整っているかをチェックしてください。自習室があるか、また十分な席が用意されているか、休日も利用できるか、などの自習をサポートする体制が整っていること。専用自習室や専用席を用意してくれる予備校なら、座席確保のために並ぶというようなことに時間を取られる心配がありません。また、通学の利便性も考慮する必要があります。医学部を目指し予備校を東京で探す地方の受験生のために、寮が用意されている予備校もありますので、利用を希望する際は空き部屋の確認も必要です。その他に、1日12時間指導や合格保証制度、偏差値40からの医学部合格など、各予備校でそれぞれのサポート体制が用意されていますので、資料請求だけでなく、見学会や無料体験授業などに足を運び、自分にぴったりの予備校を選びましょう。